『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

絵本江戸土産えほんえどみやげ・くずし字を読む
= 浅茅が原 =

《浅茅が原》
《翻刻》
浅茅が原  妙亀比丘尼の旧跡にて 山谷より橋場へ往の道なり 鏡ヶ池今に存して野客の閑情をつくすべきの地なり

《現代表記》
浅茅が原あさじがはら  妙亀比丘尼みょうきびくに旧跡きゅうせきにて、山谷さんやより橋場はしばゆくみちなり。鏡ヶ池かがみがいけいまそんして野客やかく閑情かんじょうをつくすべきのなり。

野客やかくは、山野に住む人、仕官しない人、在野の人の意。
閑情かんじょうは、心静かな気持、もの静かな心などの意。
*説明は、などの意。
*万治は、1658年から1661年。
漢字かな
*この地図の初期設定での中心点は、浅茅が原の鏡ヶ池があったと思われる付近。初期設定の左の地図は関東平野迅速測図と呼ばれる地図で、明治前期の、明治13年〈1880年〉から明治19年〈1886年〉にかけての関東平野。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/10/23