『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

絵本江戸土産えほんえどみやげ・くずし字を読む
= 山王権現 =

《山王権現》
《翻刻》
山王権現  山王権現は神田明神に等しく 是を俗に天下祭といふて 何れも上覧あり されば 在江戸の諸侯方より 警固の長柄足軽など出されて そのさま尤厳重なり 祭事は六月十五日にこそ

《現代表記》
山王権現さんのうごんげん  山王権現さんのうごんげん神田明神かんだみょうじんひとしく、これぞく天下祭てんかまつりというて、いずれも上覧じょうらんあり。されば、在江戸ざいえど諸侯方しょこうがたより、警固けいご長柄ながえ足軽あしがるなどいだされて、そのさまもっと厳重げんじゅうなり。祭事さいじは六月十五日にこそ。

*山王権現は、「日吉山王社」「日吉山王大権現社」「江戸山王大権現」「麹町山王」などと呼ばれたが、慶応4年(明治元年)以来、日枝神社。
*広重初代は、名所江戸百景     で「糀町一丁目山王祭ねり込」として山王祭を描く。
*説明は、などの意。
*万治は、1658年から1661年。
漢字かな
*この地図の初期設定での中心点は山王権現(日枝神社)付近。初期設定の左の地図は関東平野迅速測図と呼ばれる地図で、明治前期の、明治13年〈1880年〉から明治19年〈1886年〉にかけての関東平野。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/10/23