『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

絵本江戸土産えほんえどみやげ・くずし字を読む
= 牛頭天王 =

《牛頭天王》
《翻刻》
牛頭天王  牛頭天王は江都に数社あり 大伝馬町 南伝馬町 小舟町 此三社は 神田明神の社内に鎮座まします 其他 浅草 御蔵前 品川 千住 小塚原町など いずれも六月を祭礼とす 実に 天王の祭ほど気味よく勇ましきものはなし 寔に江戸の花ともいふべし

《現代表記》
牛頭天王ごずてんのう   牛頭天王ごずてんのう江都こうと数社すうしゃあり。大伝馬町おおでんまちょう南伝馬町みなみでんまちょう小舟町こぶなちょうこの三社さんじゃは、神田明神かんだみょうじん社内しゃない鎮座ちんざまします。其他そのた浅草あさくさ御蔵前みくらまえ品川しながわ千住せんじゅ小塚原町こつかはらまちなど、いずれも六月を祭礼さいれいとす。に、天王てんのうまつりほど気味きみよくいさましきものはなし。まこと江戸えどはなともいうべし。
*説明は、などの意。
*万治は、1658年から1661年。
漢字かな
《牛頭天王 其二》
《翻刻》
其二   褌に 金何両や 夏祭

《現代表記》
其二   ふんどしに きん何両なんりょうや 夏祭なつまつり
*説明は、などの意。
*万治は、1658年から1661年。
漢字かな

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/10/23