『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

絵本江戸土産えほんえどみやげ・くずし字を読む
= 浅草人丸堂 =

《浅草人丸堂》
《翻刻》
浅草人丸堂  浅草人丸堂は観世音の境内にあり 爰等は繁花の場所ながら 此堂守の住るあたりは最閑にして幽栖なり 是動中の静ともいふべし

《現代表記》
浅草人丸堂あさくさひとまるどう   浅草人丸堂あさくさひとまるどう観世音かんぜおん境内けいだいにあり。爰等ここら繁花はんか場所ばしょながら、この堂守どうもりすめるあたりはいとかんにして幽栖ゆうせいなり。これ動中どうちゅうせいともいうべし。

幽栖ゆうせいは、俗世間から離れてひっそりと暮らすこと。また、その住居の意。幽棲。
*説明は、などの意。
*万治は、1658年から1661年。
漢字かな
*この地図の初期設定での中心点は浅草観世音(浅草寺)付近。初期設定の左の地図は関東平野迅速測図と呼ばれる地図で、明治前期の、明治13年〈1880年〉から明治19年〈1886年〉にかけての関東平野。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/10/23