『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

絵本江戸土産えほんえどみやげ・くずし字を読む
= 帝釈天 =

《帝釈天》
《翻刻》
帝釈天  帝釈天は柴又村にあり 庚申の日は都鄙の貴賎群参す 利根川を見越して鴻の臺の眺望最よし

《現代表記》
帝釈天たいしゃくてん   帝釈天たいしゃくてん柴又村しばまたむらにあり。庚申こうしん都鄙とひ貴賎きせん群参ぐんさんす。利根川とねがわ見越みこして鴻の台こうのだい眺望ちょうぼうもっともよし。
*説明は、などの意。
*万治は、1658年から1661年。
漢字かな
*この地図の初期設定での中心点は帝釈天付近。初期設定の左の地図は関東平野迅速測図と呼ばれる地図で、明治前期の、明治13年〈1880年〉から明治19年〈1886年〉にかけての関東平野。
*迅速測図で、柴又村が確認できる。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/10/23