『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

絵本江戸土産えほんえどみやげ・くずし字を読む
= 六社 =

《六社》
《翻刻》
六社  六社は武の府中にあり 五月五日の夜より六日に掛て祭礼あり 六社の田植とて十七才の少女十七人揃ひて田を植る その田へ神輿をかつぎ入て 田を散々に踏荒(みあら)す その田 翌朝にいたれば基の如く生揃ふとぞ

《現代表記》
六社ろくしゃ   六社ろくしゃ府中ふちゅうにあり。五月五日のより六日にかけ祭礼さいれいあり。六社の田植たうえとて十七才の少女しょうじょ十七人そろいて田をうえる。その田へ神輿みこしをかつぎいれて、散々さんざん踏荒ふみあらす。その田、翌朝よくちょうにいたればもとごと生揃はえそろうとぞ。

*府中の六社は、現在の大國魂神社。
*説明は、などの意。
*万治は、1658年から1661年。
漢字かな
*この地図の初期設定での中心点は府中の六社(大國魂神社)付近。初期設定の左の地図は関東平野迅速測図と呼ばれる地図で、明治前期の、明治13年〈1880年〉から明治19年〈1886年〉にかけての関東平野。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/10/23