『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

絵本江戸土産えほんえどみやげ・くずし字を読む
= 峯の御嶽山 =

《峯の御嶽山》
《翻刻》
峯の御嶽山  峯の御嶽山は、江戸より未申の方に當りて三里許り最神寂て尊き御社なり。貴賎歩みを運ぶに利益もっとも験しとぞ

《現代表記》
みね御嶽山みたけさん  みね御嶽山みたけさんは、江戸えどより未申ひつじさるかたあたりて三里さんりばかいと神寂かんさびとうと御社みやしろなり。貴賎きせんあゆみをはこぶに利益りやくもっともいちじるしとぞ。

*「みねのみたけさん」は、かつて嶺村(峯/峰)という地名の場所にあったことから呼ばれ、現在の大田区の御嶽神社。「みねのおんたけさん」とも。
*説明は、などの意。
*万治は、1658年から1661年。
漢字かな
*この地図の初期設定での中心点は御嶽神社付近。初期設定の左の地図は関東平野迅速測図と呼ばれる地図で、明治前期の、明治13年〈1880年〉から明治19年〈1886年〉にかけての関東平野。
*迅速測図で、嶺村が確認できる。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/10/23