『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 
地図で見る『東海道五十三次』  
『東海道五十三次』保永堂板  
『東海道五十三次』佐野喜版・狂歌東海道  
『東海道五十三次』行書版  
『東海道五十三次』隷書版  
『改正五十三驛』三代歌川広重  
  『東海道五十三対』目次 

東海道とうかいどう五十三対ごじゅうさんつい
= 初代歌川広重、三代歌川豊国、歌川国芳の合本 =

  • この『東海道五十三対・東海道五十三對』は、初代歌川広重、三代歌川豊国(歌川国貞)、歌川国芳の合本です。
  • 風景は少なく、それぞれの宿場にちなむ物語、伝説、史跡などが主体で、広重は主に美人画と歴史画で19作、豊国は主に美人画で8作、国芳は主に武者絵と美人画で29作を描いています。
  • 製作時期は、天保14年・1843年 ~ 弘化4年・1847年とされます。
  • ここに掲載した画像は国立国会図書館が所蔵し公開しているものです。
  • このページでは、画像を明るくするために当サイト独自の色彩補正を行っており、国立国会図書館が公開している原画とは色調が若干違います。
  • 狂歌を掲載した各ページでは、適宜、原文にはない振り仮名を付けるなどしています。
『東海道五十三対』
= 初代歌川広重、三代歌川豊国、歌川国芳の合本 =
  • ここでは、「東海道五十三対」の55枚の画像が連続して表示されます。
  • マウスや画面スワイプ、キーボードの で画像を前後にスライドさせることができます。
  • 画像をクリックするとストップします。再スタートするには画面をスワイプするか、下の「」か「」をクリックしてください。「」は現在位置です。
  • 下の「」をクリックしてそれぞれの画像を見ることができます。左が「1番」です。
《詳細ページ目次》
『東海道五十三対』
= 初代歌川広重、三代歌川豊国、歌川国芳の合本 =

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2019/05/16