『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

絵本江戸土産えほんえどみやげ・くずし字を読む
= 千代ヶ崎 風景 =

《千代ヶ崎 風景》
《翻刻》
千代ヶ崎 風景  渋谷より目黒へ往還の芝生の岡をいふ この所月雪のながめは元より 四時遊観の地にして騒人群集す

《現代表記》
千代ヶ崎ちよがさき 風景ふうけい  渋谷しぶやより目黒めぐろ往還おうかん芝生しぼうの岡をいう。このところ月雪つきゆきのながめは元より、四時しいじ遊観ゆうかんにして騒人そうじん群集ぐんしゅうす。

*四時(しじ・しいじ)は、四季のこと。
*第七編に、増補として、「目黒千代ケヶ池/太鼓橋」    が描かれる。
漢字かな
*この地図の初期設定での中心点は千代ヶ崎付近。初期設定の左の地図は関東平野迅速測図と呼ばれる地図で、明治前期の、明治13年〈1880年〉から明治19年〈1886年〉にかけての関東平野。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/10/23