『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

絵本江戸土産えほんえどみやげ・くずし字を読む
= 霊岸島 湊橋 =

《霊岸島 湊橋》
《翻刻》
霊岸島 湊橋  爰等は水路自在の場所ゆえ 富饒の商家蔵を立ならべて船荷をおさむる便宜の地なり 酒楼なども多くありて 鮮魚を調理し出す事 他に増れり

《現代表記》
霊巌島れいがんじま 標湊橋みなとばし  爰等ここら水路すいろ自在じざい場所ばしょゆえ、富饒ふにょう商家しょうかくらたてならべて船荷ふなにをおさむる便宜びんぎなり。酒楼しゅろうなどもおおくありて、鮮魚せんぎょ調理ちょうりいだす事、まされり。

*霊巌島は、第六編での「新川 新堀 霊岸島」でも描かれる。第六編「新川 新堀 霊岸島」   (第六編の絵は広重初代)
*説明は、などの意。
*万治は、1658年から1661年。
漢字かな
*この地図の初期設定での中心点は霊岸島付近。初期設定の左の地図は関東平野迅速測図と呼ばれる地図で、明治前期の、明治13年〈1880年〉から明治19年〈1886年〉にかけての関東平野。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/10/23