[必携]
変体仮名手本
へんたいがなでほん

  • 明治44年〈1911年〉 に著された、変体仮名・くずし字をまとめた「変体仮名手本(川崎斯文 編・書)」の再録です。原図は国立国会図書館所蔵。
  • 「変体仮名手本」には、数多くの変体仮名とその字母が示されています。
  • このページでは、「変体仮名手本」に載っていない文字も含めて再構成し、PDFと画像で表示しました。
  • 「変体仮名手本」に載っていない文字で、様々な古文書に登場する頻度が高い文字の一つは、「す」で使われる「春」という字をくずした文字かと思われます。下記のような形で、これが「す(ず)」です。
    • 「す」→「春」
《変体仮名手本 - へんたいがなでほん》
*4ページあります。スマートフォンなどで表示されない場合、「全画面表示」をクリックしてご覧ください。
《枠の高さ》 標準  -  拡大
《変体仮名手本 - へんたいがなでほん》
変体仮名手本
変体仮名手本
変体仮名手本
変体仮名手本

  ■ 変体仮名目次 ■  
関連するページ

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/10/24