ものの数え方・助数詞
《 コラム - ちょっと知識 》
うさぎは、なぜ「 一羽いちわ」?
1. 「一羽、二羽」と数える兎

1.   「 一羽 いちわ 」「 二羽 にわ 」と数える兎
  • 「兎」を「一羽 いちわ 」「 二羽 にわ 」と、「 はね 」という字を使って数えることがあります。
【参考】大下藤次郎 「白峰の麓」: 昼前に若い一人の男が来て、一羽買ってくれという。副食物の単調に閉口しているおりだから早速三十銭で求める。
  •  通常、「 」は鳥を数える助数詞として使われますが、まれに、文学作品などでは、チョウやトンボなどの昆虫や、鳥ではないが空を飛ぶコウモリなどを数える語としても登場します。
【参考】夏目漱石 「草枕」: 寂然じゃくねん亜字欄あじらんの下から、蝶々ちょうちょう二羽寄りつ離れつ舞い上がる。
【参考】大町桂月 「層雲峡より大雪山へ」: 岸に近く、浮草にすがりて、一羽蜻蜓とんぼの尾を水面に上下するを見る。卵を生むにや。
【参考】泉鏡花「湯女の魂」: 掻消かきけすごとく裸身はだかみの女は消えて、一羽大蝙蝠となりましてございまする。
  •  これらのチョウやトンボ、コウモリなどは、空を飛ぶその様から「 一羽 いちわ 」「 二羽 にわ 」と数えても違和感はありませんが、“飛ばない"「兎」を何故「」と数えるのでしょうか。
  •  このコラムでは、「兎」の「 一羽いちわ」「二羽にわ」という数え方について考えてみたいと思います。
     次は、「 一羽 いちわ 」と数える『由来』についてです。

目次 | | | | | | | | | |


おすすめサイト・関連サイト…