漢数字と大字〔だいじ〕の書き方

漢数字と大字[だいじ] 漢数字の縦書き 位の名称・漢数詞 判決文の数字
アラビア数字を漢数字[大字混じり]に変換する
  ・このプログラムで、例えば「1,203,200円」を「百弐拾万参千弐百円」に変換することができます。
※ 漢数字をクリックすると文字が拡大します。

読み

漢数字

大字〔だいじ〕

古字

現在使われている漢字

旧字体で書かれた文章などでよく使われる漢字
  その旧字体
れい
       
いち
 
 
さん
 
   
   
ろく
   
しち
   
 ※柒は漆の異体字
 
はち
   
きゅう
   
じゅう
   
にじゅう
  弐拾と書く    
さんじゅう
  参拾と書く    
しじゅう
  四拾と書く    
ひゃく
     
せん
     
まん
     
※「」の旧字体は「← クリックすると拡大します。
※ 金額の最後に書く「」の旧字体は「← クリックすると拡大します。

漢数字の大字〔だいじ〕とは

  • 漢数字の大字だいじとは、一、二、三、十などの漢字が書き換えられてしまったりしないように使われる漢字です。つまり、 改竄かいざん されないように使われます。また、金銭を表記する際などの、改まった書き方をする場合などにも使われます。
  • 改まった書き方という観点で見れば、例えばご祝儀に五万円を包むとして、「金伍萬圓」と書くと重々しく感じられるかも知れません。「万」も「円」も旧字体を使いさらに重々しさを醸しています。
  • 改竄という観点から見た場合、例えば「一」に縦の棒「|」を加えると「十」になってしまいます。また、「十」は「廿」や「卅・丗」などに書き換えることができてしまいます。これを防ぐために「一」は「壱」、「二」は「弐」、「三」は「参」、「十」は「拾」と書きます。これで改竄は出来なくなります。
  • 例えば、59,234,271円 を大字を交えた漢数字で書くと次のようになります。
        59,234,271円 ⇒ 五千九百弐拾参万四千弐百七拾壱円
  • 上記の表で「現在使われている漢字」と表記した漢字は、法的な文書で使うことが定められている漢字です。
  • 法的には、下記にあげる「会計」「登記」「戸籍」などに関する法律で使用が定められています。

【参考】森鷗外の作品「がん」に見る、章の立て方での「漢数字」の表現


     しち
 上野広小路は火事の少い所で、松源の焼けたことは記憶にないから、今もその座鋪ざしきがあるかも知れない。

     はち
 話が極まって、お玉は無縁坂へ越して来ることになった。

    拾陸じゅうろく
 無縁坂の人通りが繁くなった。九月になって、大学の課程が始まるので、国々へ帰っていた学生が、一時いちじに本郷界隈かいわいの下宿屋に戻ったのである。

いち さん
ろく しち はち
じゅう 拾壱じゅういち 拾弐じゅうに
拾参じゅうさん 拾肆じゅうし 拾伍じゅうご 拾陸じゅうろく
拾漆じゅうしち 拾捌じゅうはち 拾玖じゅうく 弐拾にじゅう
弐拾壱にじゅういち 弐拾弐にじゅうに 弐拾参にじゅうさん 弐拾肆にじゅうし

【「壱・弐・参・拾」の使用を定めた法律】を読む

「壱・弐・参・拾」の使用を定めた法律

  1. 公証人法
    第三十七条  公証人証書ヲ作成スルニハ普通平易ノ語ヲ用井字画ヲ明瞭ナラシムヘシ
    ○3 数量、年月日及番号ヲ記載スルニハ壱弐参拾ノ字ヲ用ウヘシ
  2. 大正十一年大蔵省令第四十三号(会計法規ニ基ク出納計算ノ数字及記載事項ノ訂正ニ関スル件)
    第一条  会計法 規ニ基ク出納計算ニ関スル諸書類帳簿ニ記載スル金額其ノ他ノ数量ニシテ「一」、「二」、「三」、「十」、「廿」、「卅」ノ数字ハ「壱」、「弐」、「参」、「拾」、「弐拾」、「参拾」ノ字体ヲ用ユヘシ但横書ヲ為ストキハ「アラビア」数字ヲ用ユルコトヲ得
  3. 戸籍法施行規則
    第三十一条
    ○2 年月日を記載するには、壱、弐、参、拾の文字を用いなければならない。
  4. 小切手振出等事務取扱規程 附則 (昭和四〇年四月一日大蔵省令第二〇号)
    2 小切手の券面金額は、当分の間、所定の金額記載欄に、漢数字により表示することができる。この場合においては、「一」、「二」、「三」及び「十」の字体は、それぞれ「壱」、「弐」、「参」及び「拾」の漢字を用い、かつ、所定の金額記載欄の上方余白に当該金額記載欄に記載の金額と同額をアラビア数字で副記しなければならない。
  5. 供託規則
    第六条
    2 金銭その他の物の数量を記載するには、アラビア数字を用いなければならない。ただし、縦書をするときは、「壱、弐、参、拾」の文字を用いなければならない。
  6. 商業登記規則
    第四十八条
    2 金銭その他の物の数量、年月日及び番号を記載するには、「壱、弐、参、拾」の文字を用いなければならない。ただし、横書きをするときは、アラビヤ数字を用いることができる。
アラビア数字を漢数字[大字混じり]に変換する
・このプログラムで、例えば「1,203,200円」を「百弐拾万参千弐百円」に変換することができます。


カスタム検索
ちょっと便利帳目次へ
お気付きの点,情報などがごさいましたら,こちらからお知らせください
ご質問にはお答え致しかねます。ご了承ください。
掲載しているデータの、法律上の“引用”の範囲を超えての無断転載・無断転用を禁じます
カスタム検索