いろは歌・いろはガルタ・いろは双六『目次』 
  絵本以呂波歌・教訓いろは歌『目次』 

『絵本以呂波歌』
『ら』

『絵本以呂波歌』(えほんいろはうた)』中巻表紙(国立国会図書館所蔵)
『絵本以呂波歌』 画:鈴木春信
並列タイトル:「教訓いろは歌」
画像をクリックすると拡大します ≫≫
  • 『絵本以呂波歌(えほんいろはうた)』天明8年・1788年刊 (国立国会図書館所蔵)
  •  絵は、江戸中期の浮世絵師・鈴木春信(享保10年・1725年 〜 明和7年・1770年)
  •  出版者:河内屋八兵衛[ほか1名] 出版地:大坂
* 現代仮名遣いでの読み方を付加しました。ルビも出来るだけ付けるようにしましたが、全てには付けきれていません。画像でご確認ください。
  • 埒もなく 乱舞遊興 楽/\と 楽をするこそ 乱の基ぞ
金銀財宝は幾万といへども、限り有也。人のおもひ望む事は身おはるまでもかぎり有べからず。しかれば限ある宝をもつて限なき思ひをつくさんとおもふ事天理なり。そむくゆへに、鬼神のとがめにて禍蒙り、其家みだれ亡す也。恐るべし。/\。

    らちもなく らんぶゆうきょう らくらくと らくをするこそ らんのもといぞ
  • 金銀財宝は幾万といえども、限り有也。人のおもい望む事は身おわるまでもかぎり有べからず。しかれば限ある宝をもって限なき思ひをつくさんとおもう事天理なり。そむくゆえに、鬼神のとがめにて禍蒙り、其家みだれ亡す也。恐るべし。恐るべし。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2019/05/15