「無線局運用規則第十二条 別表第一号 モールス符号」

無線局運用規則
第十二条 モールス符号の使用
モールス無線電信による通信(以下「モールス無線通信」という)には、別表第一号に掲げるモールス符号を用いなければならない。

 別表第一号 モールス符号(第十二条関係)

  • [スピーカーマーク (  ) をクリックすると音が出ます]
※無線局運用規則の和文は、この表のように「イロハ順」ですが、便宜上「五十音順」のページも別に用意しました。
 五十音順  

1 和文

一 文字
イ   ・-
ロ   ・-・-
ハ   -・・・
ニ   -・-・
ホ   -・・
ヘ  
ト   ・・-・・
チ   ・・-・
リ   --・
ヌ   ・・・・
ル   -・--・
ヲ   ・---
ワ   -・-
カ   ・-・・
ヨ   --
タ   -・
レ   ---
ソ   ---・
ツ   ・--・
ネ   --・-
ナ   ・-・
ラ   ・・・
ム  
ウ   ・・-
ヰ    ・-・・-
ノ   ・・--
オ   ・-・・・
ク   ・・・-
ヤ   ・--
マ   -・・-
ケ   -・--
フ   --・・
コ   ----
エ   -・---
テ   ・-・--
ア   --・--
サ   -・-・-
キ   -・-・・
ユ   -・・--
メ   -・・・-
ミ   ・・-・-
シ   --・-・
ヱ    ・--・・
ヒ   --・・-
モ   -・・-・
セ   ・---・
ス   ---・-
ン   ・-・-・
濁点   ・・
半濁点   ・・--・
二 数字
一   ・----
二   ・・---
三   ・・・--
四   ・・・・-
五   ・・・・・
六   -・・・・
七   --・・・
八   ---・・
九   ----・
〇   -----
三 記号
- 長音   ・--・-
、 区切点   ・-・-・-
」 段落   ・-・-・・
括弧 (  下向き括弧 -・--・-
括弧 )  上向き括弧 ・-・・-・

2 欧文

一 文字
A   ・-
B   -・・・
C   -・-・
D   -・・
E  
F   ・・-・
G   --・
H   ・・・・
I   ・・
J   ・---
K   -・-
L   ・-・・
M   --
N   -・
O   ---
P   ・--・
Q   --・-
R   ・-・
S   ・・・
T  
U   ・・-
V   ・・・-
W   ・--
X   -・・-
Y   -・--
Z   --・・
二 数字
1   ・----
2   ・・---
3   ・・・--
4   ・・・・-
5   ・・・・・
6   -・・・・
7   --・・・
8   ---・・
9   ----・
0   -----
三 記号
・ 終点   ・-・-・-
, 小読点   --・・--
: 重点又は除法の記号   ---・・・
? 問符   ・・--・・
’ 略符   ・----・
- 連続線、横線又は減算の記号   -・・・・-
( 左括弧   -・--・
) 右括弧   -・--・-
/ 斜線又は除法の記号   -・・-・
= 二重線   -・・・-
+ 十字符又は加算の記号 ・-・-・
“” 引用符 ・-・・-・
× 乗算の記号 -・・-
@ 単価記号 ・--・-・

3 数字の略体

一又は1   ・-
二又は2   ・・-
三又は3   ・・・-
四又は4   ・・・・-
五又は5   ・・・・・
六又は6   -・・・・
七又は7   -・・・
八又は8   -・・
九又は9   -・
〇又は0  

 無線局運用規則 別表第一号 モールス符号(第十二条関係) 注

別表第一号 モールス符号(第十二条関係)
 注
一 符号の線及び間隔
  1. 一線の長さは、三点に等しい。
  2. 一符号を作る各線又は点の間隔は、一点に等しい。
  3. 二符号の間隔は、三点に等しい。
  4. 二語の間隔は、七点に等しい。
二 航空無線通信業務における字、記号の使用方法
  1. 記号は、和文では区切点及び段落、欧文では終点、問符及び斜線に限り、その他の記号の使用は、本文を理解するために必要な場合に限る。
  2. ローマ数字を送る場合は、ROMANの語を冠して送るものとする。
三 欧文の場合における数字と文字との集合、「%」、「‰」、帯分数、分及び秒等の送信方法
  1. 数字と文字とで構成した集合は、数字と文字との間に間隔を置かずに送るものとする。
  2. 「%」又は「‰」の記号は、数字の零、斜線及び数字の零又は零零を連続して送るものとする。
  3. 帯分数は整数と分数との間に、「%」又は「‰」の記号を伴う数字は数字と「%」又は「‰」との間に連続線を送るものとする。
  4. 分の記号「’」は略符を一回、秒の記号「’’」は略符を二回送るものとする。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2017/11/20