モールス符号 (モールス信号)《一覧》
「無線局運用規則第十二条 別表第一号 モールス符号」より

無線局運用規則
第十二条 モールス符号の使用
モールス無線電信による通信(以下「モールス無線通信」という)には、別表第一号に掲げるモールス符号を用いなければならない。

 和文符号

  • [スピーカーマーク (  ) をクリックすると音が出ます]
※無線局運用規則の和文は「イロハ順」になっていますが、ここでは便宜上「アイウエオ順」とし、「イロハ順」のページを別に用意しました。
 イロハ順  

文字

--・--
・-
・・-
-・---
・-・・・
・-・・
-・-・・
・・・-
-・--
----
-・-・-
--・-・
---・-
・---・
---・
-・
・・-・
・--・
・-・--
・・-・・
・-・
-・-・
・・・・
--・-
・・--
-・・・
--・・-
--・・
-・・
-・・-
・・-・-
-・・・-
-・・-・
・--
-・・--
--
・・・
--・
-・--・
---
・-・-
-・-
ヰ    
・-・・-
・---
ヱ    
・--・・
・-・-・
 ゛ 濁点 ・・
 ゜ 半濁点 ・・--・

和文記号

 l 長音 ・--・-
 、 区切点 ・-・-・-
 └ 段落 ・-・-・・
 ( 下向き括弧 -・--・-
 ) 上向き括弧 ・-・・-・
 訂正 ・・・-・
符号の線及び間隔
  1. 一線の長さは、三点に等しい。
  2. 一符号を作る各線又は点の間隔は、一点に等しい。
  3. 二符号の間隔は、三点に等しい。
  4. 二語の間隔は、七点に等しい。
    *編注:下向き括弧・上向き括弧は、法規では「括弧」という表記のみ。
    *編注:「括弧」の記号は、法規では縦書き用になっているが、便宜上横書き用を当てた。
    *編注:訂正は法規にはない。

 欧文符号

  • [スピーカーマーク (  ) をクリックすると音が出ます]

文字

・-
-・・・
-・-・
-・・
・・-・
--・
・・・・
・・
・---
-・-
・-・・
--
-・
---
・--・
--・-
・-・
・・・
・・-
・・・-
・--
-・・-
-・--
--・・

欧文記号

 . 終点 ピリオド ・-・-・-
 , 小読点 カンマ --・・--
 : 重点又は除法の記号  ---・・・
 ? 問符 ・・--・・
 ’   略符 ・----・
 - 連続線、横線又は減算の記号 -・・・・-
 ( 左括弧 -・--・
 ) 右括弧 -・--・-
 / 斜線又は除法の記号  -・・-・
 = 二重線  -・・・-
 + 十字符又は加算の記号 ・-・-・
 “”  引用符 ・-・・-・
 ×  乗算の記号-・・-
 @  単価記号 ・--・-・
 訂正 ・・・・・・・・
符号の線及び間隔
  1. 一線の長さは、三点に等しい。
  2. 一符号を作る各線又は点の間隔は、一点に等しい。
  3. 二符号の間隔は、三点に等しい。
  4. 二語の間隔は、七点に等しい。
    *編注:SOS  は例外で、3文字を続けて1文字として打つ。
    *編注:法規には「ピリオド」「カンマ」という表記はされていない。
    *編注:訂正は法規にはない。

 数字

  • [スピーカーマーク (  ) をクリックすると音が出ます]

数字

・----
・・---
・・・--
・・・・-
・・・・・
-・・・・
--・・・
---・・
----・
-----

数字の略体

・-
・・-
・・・-
・・・・-
・・・・・
-・・・・
-・・・
-・・
-・

 無線局運用規則 別表第一号 モールス符号(第十二条関係) 注

別表第一号 モールス符号(第十二条関係)
 注
一 符号の線及び間隔
  1. 一線の長さは、三点に等しい。
  2. 一符号を作る各線又は点の間隔は、一点に等しい。
  3. 二符号の間隔は、三点に等しい。
  4. 二語の間隔は、七点に等しい。
二 航空無線通信業務における字、記号の使用方法
  1. 記号は、和文では区切点及び段落、欧文では終点、問符及び斜線に限り、その他の記号の使用は、本文を理解するために必要な場合に限る。
  2. ローマ数字を送る場合は、ROMANの語を冠して送るものとする。
三 欧文の場合における数字と文字との集合、「%」、「‰」、帯分数、分及び秒等の送信方法
  1. 数字と文字とで構成した集合は、数字と文字との間に間隔を置かずに送るものとする。
  2. 「%」又は「‰」の記号は、数字の零、斜線及び数字の零又は零零を連続して送るものとする。
  3. 帯分数は整数と分数との間に、「%」又は「‰」の記号を伴う数字は数字と「%」又は「‰」との間に連続線を送るものとする。
  4. 分の記号「’」は略符を一回、秒の記号「’’」は略符を二回送るものとする。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2017/11/20