『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 
  「江戸時代の職業」目次 
 『江戸年中風俗之絵』
 全画像連続表示  

『 江戸年中風俗之絵 』
(国立国会図書館蔵)
= 全画像連続表示 =

  • これは、国立国会図書館が所蔵する『江戸年中風俗之絵えどねんじゅうふうぞくのえ』で、橋本養邦はしもとおさくに (?~1847年・ 弘化4年)の作品。ここでは 2巻の絵巻を、59枚の画像として掲載した。
  • 制作年は不明であるが、絵師の橋本養邦の没年が1847年・ 弘化4年とされるため、幕末に近い江戸後期の作品と思われる(1840年・天保11年頃の作と仮定すると )。
  • 安永・天明の頃(1772年 - 1788年)からの風習であるという「土用の丑の日の鰻」について、『今日 うしの日』と張り紙をした鰻屋の絵が見られる。スッポンも一緒に売っていたようだ。
  • ここでは、「江戸年中風俗之絵」の全ての画像が連続して表示されます。
  • マウスや画面スワイプ、キーボードの で画像を前後にスライドさせることができます。
  • 画像をクリックするとストップします。再スタートするには画面をスワイプするか、下の「」か「」をクリックしてください。「」は現在位置です。
  • 下の「」をクリックしてそれぞれの画像を見ることができます。左が「1番」です。
  • このページでは、画像を明るくするために当サイト独自の色彩補正を行っており、国立国会図書館が公開している原画とは色調が違います。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2020/12/06