『画本蟲撰』(えほんむしえらみ)
喜多川歌麿



喜多川歌麿「画本蟲撰・画本虫撰」 = 目次 =

  • 「画本虫ゑらみ」は、江戸時代の浮世絵師、喜多川歌麿きたがわうたまろ(1753? - 1806)による狂歌本で、様々な「虫」を題材に狂歌師が歌をつけ、歌麿が絵を描いた虫類図譜です。
  •  全15図からなり、1図に2種類の虫を描き、それを詠んだ狂歌2首が掲げられています。また、その虫類に季節の植物が添えられています。
  • 虫撰むしえらみ」とは、虫にちなむ歌の優劣を競う虫合むしあわせ のために野外で虫を選び取ることで、ここでは、選者の宿屋飯盛を始め当時の狂歌師30人の名前が見られます。「えらみ」は「えらび(選)」と同じ意味です。
  •  画像は、天明8年(1788)刊の国立国会図書館所蔵版により、各ページに引用した狂歌は、適宜、新字体への変更や濁点の付加などをしています。


蜂 毛虫


馬追虫 むかで


けら はさみむし


蝶 蜻蛉


虻 芋虫


松虫 蛍


ばった 蟷螂


ひぐらし くも


赤蜻蛉 いなご


蛇 とかげ


蓑虫 兜虫


蝸牛 轡虫


きりぎりす 蝉


蚓 こうろぎ


蛙 こがねむし

全ての画像を
連続して見られるページ
こちらもオススメです…
ちょっと便利帳目次へ
お気付きの点,情報などがごさいましたら,こちらからお知らせください
ご質問にはお答え致しかねます。ご了承ください。
掲載しているデータの,法律上の “引用” の範囲を超えての無断転載・無断転用を禁じます - 見解と取り組み。
カスタム検索