= アラビア数字 ⇒ ローマ数字 変換 =
3,999,999までのアラビア数字をローマ数字に変換します

使い方のヒント
1 から 3,999,999 までのアラビア数字をローマ数字に変換することが出来ます。
現代では、ローマ数字で表記されるのは 3,999 以下の数字と言われていますが、参考までに桁数の大きい数字も見てみると楽しいのではないかと思います。なお、0 は、ローマ数字には単独の数字としては存在しないため変換できません。
ローマ数字では、1 は I 、2 は II 、3 は III 、4 は IV 、5 は V のように表します。
10 は X 、50 は L 、100 は C 、500 は D 、100 は M です。これらを組み合わせて表します。
大きな数字を左に書き、原則として記号の数字をすべて足すとそれが表示している数になります。例えば、6 は VI 、21 は XXI となります。
よく目にするものにオリンピックでの表記があります。2008年の北京オリンピックは第29回大会でしたので、『 Games of the XXIX Olympiad 』と書きます。『 XXIX 』は『 29 』です。
また、国王や女王が何世なのかをローマ数字で表す場合があります。フランスのルイ14世は『 Louis XIV de France 』、イギリスのジョージ6世は『 George VI 』、エリザベス2世は『 Elizabeth II 』と表記します。

3,999,999までのアラビア数字をローマ数字に変換

 
ここにローマ数字が表示されます。


おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2017/11/20