土用の丑の日の鰻
= 「今日 うしの日」の文字が見られる図絵 =

「今日 うしの日」の文字が見られる江戸時代の錦絵
 江戸年中風俗之絵 

 江戸時代の天保弘化年間頃に、丑の日 を特別な日として鰻を売っていたことが分かる絵が残されている。

 これは、天保11年〈1840年〉頃に描かれたと思われる、 橋本養邦 はしもとおさくに (?~ 弘化4年・1847年)による絵巻「江戸年中風俗之絵」の一齣。

(国立国会図書館蔵)

  • 今日 うしの日』の文字が見られ、鰻屋にとって 丑の日 が特別な意味を持っていたことがうかがえる。
  •  江戸時代の、鰻や蒲焼きを売る姿を描いた錦絵や黄表紙などはよく見られるが、 うしの日 の文字を書き込んだ絵は、現時点ではこの絵以外には見られない。
  •  この鰻屋は、スッポンも扱っているようだ。
「江戸年中風俗之絵」(部分)
『雑節』節分、彼岸、入梅、土用など  
 今年の土用の丑の日は?  

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/08/10