日本国憲法にほんこくけんぽう - ふりがな付き -
- 昭和21年・1946年11月3日公布 / 昭和22年・1947年5月3日施行 -


日本国にほんこく憲法けんぽう
新字体/現代かなづかい/ふりがな付きです。



(前文)ぜんぶん  (実際には「前文」という文字は書かれていません)

日本国にほんこく 憲法けんぽう

 日本にほん国民こくみんは、正当せいとう選挙せんきょされた国会こっかいにおける代表だいひょうしゃつうじて行動こうどうし、われらとわれらの子孫しそんのために、しょ国民こくみんとの協和きょうわによる成果せいかと、わがくに全土ぜんど にわたって 自由じゆうのもたらす恵沢けいたく確保かくほし、政府せいふ行為こうい によって ふたた戦争せんそう惨禍さんかおこることのないようにすることを決意けついし、ここに主権しゅけん国民こくみんそんすることを宣言せんげんし、この憲法けんぽう確定かくていする。そもそも国政こくせいは、国民こくみん厳粛げんしゅく信託しんたくによるものであって、その権威けんい国民こくみん由来ゆらいし、その権力けんりょく国民こくみん代表だいひょうしゃがこれを行使こうしし、その福利ふくり国民こくみんがこれを享受きょうじゅする。これは人類じんるい普遍ふへん原理げんりであり、この憲法けんぽうは、かかる原理げんりもとづくものである。われらは、これにはんする一切いっさい憲法けんぽう法令ほうれいおよ詔勅しょうちょく排除はいじょする。

 日本にほん国民こくみんは、恒久こうきゅう平和へいわ念願ねんがんし、人間にんげん相互そうご関係かんけい支配しはいする崇高すうこう理想りそうふか自覚じかくするのであって、平和へいわあいするしょ国民こくみん公正こうせい信義しんぎ信頼しんらいして、われらの安全あんぜん生存せいぞん保持ほじしようと決意けついした。われらは、平和へいわ維持いじし、専制せんせい隷従れいじゅう圧迫あっぱく偏狭へんきょう地上ちじょうから永遠えいえん除去じょきょしようとつとめている国際こくさい社会しゃかいにおいて、名誉めいよある地位ちいめたいとおもう。われらは、ぜん世界せかい国民こくみんが、ひとしく恐怖きょうふ欠乏けつぼうから まぬ かれ、平和へいわのうちに生存せいぞんする権利けんりゆうすることを確認かくにんする。

 われらは、いずれの国家こっかも、自国じこくのことのみに専念せんねんして他国たこく無視むししてはならないのであって、政治せいじ道徳どうとく法則ほうそくは、普遍ふへんてきなものであり、この法則ほうそく したが うことは、自国じこく主権しゅけん維持いじし、他国たこく対等たいとう関係かんけい とうとする 各国かっこく責務せきむであるとしんずる。

 日本にほん国民こくみんは、国家こっか名誉めいよにかけ、全力ぜんりょくをあげてこの崇高すうこう理想りそう目的もくてき達成たっせいすることを ちか う。



    『 日本国憲法 前文 』を聴く(これはYouTubeへのリンクです。
     ネット上から削除された場合表示されなくなります)

   目次 もくじ


・読みやすくするために、書きかえている部分があります。
  1.現代かなづかいにしました。
    例:ないやうに → ないように  努めてゐる → 努めている  誓ふ → 誓う
      いづれの → いずれの  行ふ → 行う  失ふ → 失う  問はれない → 問われない
  2.「であつて」「によつて」などの促音の大書きを、「であって」「によって」と小書きにしました。
  3.漢字を書きかえました。
    試錬 → 試練  一の → 一つの
  4.すべての漢字にふりがなを付けました

おすすめサイト・関連サイト…