『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

絵本江戸土産えほんえどみやげ・くずし字を読む
= 洲崎弁天 =

《洲崎弁天》
《翻刻》
洲嵜辨天  元禄年間 この海浜をつき立て 護持院大僧正隆光 弁天の宮居を建る 春秋 遊人ここに群集す

《現代表記》
洲崎弁天すさきべんてん  元禄年間げんろくねんかん、この海浜かいひんをつき立てて、護持院ごじいん大僧正だいそうじょう隆光りゅうこう弁天べんてん宮居みやいたつる。春秋しゅんじゅう遊人ゆうじんここに群集ぐんじゅす。

洲崎弁天すさきべんてんは、現在は洲﨑神社すさきじんじゃ。江戸時代、洲崎弁天は品川にもあり、第七編で「品川洲崎弁天の祠」として描かれる。品川の洲崎弁天は。現在は利田神社かがたじんじゃ第七編「品川洲崎弁天の祠」   
*元禄は、1688年から1704年。
*広重は、名所江戸百景     で「深川洲崎十万坪」として広大な敷地の洲崎の風景を描く。
*説明は、などの意。
*万治は、1658年から1661年。
漢字かな
*この地図の初期設定での中心点は洲崎神社付近。初期設定の左の地図は関東平野迅速測図と呼ばれる地図で、明治前期の、明治13年〈1880年〉から明治19年〈1886年〉にかけての関東平野。弁天社は、当時は海に面していたことが迅速測図で分かる。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/10/23