『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

絵本江戸土産えほんえどみやげ・くずし字を読む
= 山吹の里 姿見橋 =

《山吹の里 姿見橋》
《翻刻》
山吹の里 姿見橋  山吹の里は 太田道灌の故事によつて号くとぞ 姿見はむかしこの橋の左右に池あり その水 淀みて流れず 故に 行人この橋にて姿を摸し見たるよりの名なりといふ

《現代表記》
山吹の里やまぶきのさと 姿見橋すがたみばし  山吹の里は、太田道灌おおたどうかん故事ふるごとによってなづくとぞ。姿見はむかしこの橋の左右に池あり。その水、よどみて流れず。ゆえに、行人こうじんこの橋にて姿すがたうつし見たるよりの名なりという。

*広重は、名所江戸百景     でも「高田姿見のはし俤の橋おもかげのはし砂利場」として同じ場所を描く。
*説明は、などの意。
*万治は、1658年から1661年。
漢字かな
*この地図の初期設定での中心点は山吹の里姿見橋・面影橋付近。初期設定の左の地図は関東平野迅速測図と呼ばれる地図で、明治前期の、明治13年〈1880年〉から明治19年〈1886年〉にかけての関東平野。
*Googleマップでは、橋のたもとの「山吹の里の碑」が確認できる。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/10/23