『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

絵本江戸土産えほんえどみやげ・くずし字を読む
= 日暮里 諏訪の台 =

《日暮里 諏訪の台》
《翻刻》
日暮里 諏訪の臺  四時の眺望あるが中にも 春は殊さら賑わひて 音曲の師 門人を引連れ ここに憩ひて餉をひらく 実に遊楽の地といふべし

《現代表記》
日暮里ひぐらしのさと 諏訪の臺すわのだい  四時しいじ眺望ちょうぼうあるが中にも、春はことさらにぎわいて、音曲おんぎょく門人もんじん引連ひきつれ、ここにいこいてかれいをひらく。遊楽ゆうらくの地というべし。

*四時(しじ・しいじ)は、四季のこと。
かれいは、「かれいい」が変化した語。炊いた米を乾燥させたものを意味し、弁当、また、食事をもいう。
*説明は、などの意。
*万治は、1658年から1661年。
漢字かな
《其二 同所 寺院庭中雪の景》
《翻刻》
其二 同所 寺院庭中雪の景 元来寺院林泉の風景尋常にあらざるを 冬枯に及ひし雪の景色 宛然仙境にいるの思ひをなせり これも一時の奇観といふべし

《現代表記》
其二 同所寺院庭中雪の景じいんていちゅうゆきのけい 元来もとより寺院じいん林泉りんせん風景ふうけい尋常よのつねにあらざるを、冬枯ふゆがれに及びし雪の景色けいしょく宛然あたかも仙境せんきょうにいるの思いをなせり。これも一時いちじ奇観きかんというべし。
*説明は、などの意。
*万治は、1658年から1661年。
漢字かな
《其三 同所 つづき》
《翻刻》

其三 同所 つづき 古今集 けぬがうへに またもふりしけ 春霞 たちなはみゆき まれにこそみめ


《現代表記》

其三 同所 つづき 古今集 消ぬがうえに またも降りしけ 春霞 立ちなばみ雪 まれにこそ見め


《意味》
 雪よ、消えないうちにさらに降って一面を覆い隠してください。 春霞が立ってしまえば、めったに雪は見られないのだから。

 よみ人しらず

*説明は、などの意。
*万治は、1658年から1661年。
漢字かな
*この地図の初期設定での中心点は日暮里諏訪の台付近。初期設定の左の地図は関東平野迅速測図と呼ばれる地図で、明治前期の、明治13年〈1880年〉から明治19年〈1886年〉にかけての関東平野。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/10/23