『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

絵本江戸土産えほんえどみやげ・くずし字を読む
= 四谷 御門外 =

《四谷 御門外》
《翻刻》
四谷 御門外  大城堅固にして 外に万戸の商客住む㕝何れの口も異ならねど 別て甲州街道より入るの口にして かの玉河の上水を引の大樋あり 千歳不朽の御仁計仰ぐべし尊むべし

《現代表記》
四谷よつや 御門外ごもんそと   大城だいじょう堅固けんごにして、ほか万戸ばんと商客しょうかくこといずれの口もことならねど、わけ甲州街道こうしゅうかいどうよりるのくちにして、かの玉河たまがわ上水じょうすいひく大樋おおといあり。千歳不朽せんざいふきゅう御仁計ごじんけいあおぐべしとうとむべし。
*説明は、などの意。
*万治は、1658年から1661年。
漢字かな
*この地図の初期設定での中心点は四谷御門付近。初期設定の左の地図は関東平野迅速測図と呼ばれる地図で、明治前期の、明治13年〈1880年〉から明治19年〈1886年〉にかけての関東平野。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/10/23