『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

絵本江戸土産えほんえどみやげ・くずし字を読む
= 深川八幡 富士 =

《深川八幡 富士》
《翻刻》
深川八幡 富士  富が岡の境内にあり かの山開きと名づくる日より 見物を恣に做さしむ 頂に登れば洲崎の沖を越へて房總の山をも遠望なさしむ

《現代表記》
深川八幡ふかがわはちまん 富士ふじ   富が岡とみがおか境内けいだいにあり。かの山開やまびらきとづくる日より、見物けんぶつほしいままさしむ。いただきのぼれば洲崎すさきおきえて房総ぼうそうやまをも遠望えんぼうなさしむ。

*深川八幡は、第二編での「富ケ岡八幡宮」でも描かれる。第二編「富ケ岡八幡宮」   (第二編の絵は広重初代)
*広重初代は、名所江戸百景     でも「深川八まん山ひらき」として深川八幡を描く。
*説明は、などの意。
*万治は、1658年から1661年。
漢字かな
*この地図の初期設定での中心点は深川八幡(富岡八幡宮)付近。初期設定の左の地図は関東平野迅速測図と呼ばれる地図で、明治前期の、明治13年〈1880年〉から明治19年〈1886年〉にかけての関東平野。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/10/23