作品に出てくる、国名・地名の漢字表記
[ ラ行 ]

目次へ 「ア行」へ 「カ行」へ 「サ行」へ 「タ行」へ 「ナ行」へ 「ハ行」へ 「マ行」へ 「ヤ行」へ ここが「ラ行」です 「ワ行」へ
 ・で着色した文字は、その項目に該当する国名・地名です。
 ・で着色した文字は、その項目には該当しないが、国名・地名に当たる漢字です。
 ・青空文庫をクリックすると原文を読むことができます。
国名・地名の漢字表記50音順一覧へ
 外国名・外国地名の漢字一文字略称 
作家
作品
夏目漱石

【『傳説の時代』序】
それから又羅甸ラテンよみにしてもクオンチチイを付けて發音しないで、のべつに羅馬ローマ字綴りの讀み方たやうにつたのがあるなら、

谷譲次

【踊る地平線 長靴の春】
伊太利人は、同じ拉丁ラテン系民族のなかでも、他人の所有物に対してあんまり興味を感じないほうに属します。

 
作家
作品
芥川龍之介

【報恩記】
しかしとにかく沙室しゃむろ呂宋るそんへ、船の一二そうも出しているのですから、一かどの分限者ぶげんしゃには違いありません。
*編注:沙室(しゃむろ)は、シャムで現在のタイのこと

幸田露伴

【雪たたき】
後に至って、天正の頃呂宋ルソンに往来して呂宋助左衛門と云われ、巨富を擁して、美邸を造り、其死後に大安寺となしたる者の如きも亦是れ納屋衆であった。

林不忘

【丹下左膳 日光の巻】
石川左近将監自慢の、呂宋ルソン古渡こわたりのお茶壺です。 濡れ燕を砂に突き立てた左膳。 ひとつきりの左手と、歯を使って、袋の結び目をといてみた。

夢野久作

【白くれない】
去る程に此寺の住持なりしの和尚は、もと高野山より出でたる真言の祈祷師にて御朱印船に乗りて呂宋ルソンに渡り、かの地にて切支丹の秘法を学び、日本に帰りて此の廃寺を起し、自ら住持となりし万豪阿闍梨あじやりと申す者にはべり。

国枝史郎

【赤格子九郎右衛門】
博多の豪商、神谷宗湛に、先祖より家宝として伝え来った楢柴という茶入があった。最初にそれを所望したのは豊後の大友宗麟であったが宗湛はニベも無く断わった。次に秋月種実が強迫的に得ようとしたが呂宋るそん暹羅しゃむ、明国を股にかけ、地獄をも天国をも恐れようとはしない海上王たる宗湛に執っては、強迫が強迫に成らなかった。
*編注:暹羅(しゃむ)は、現在のタイのこと

 
作家
作品
芥川龍之介

【或阿呆の一生】
彼は如何いかにも卑屈らしい五分刈の男を思ひ出してゐた。
 すると黄ばんだ麦の向うに 羅馬ロオマカトリツク教の伽藍がらん一宇いちう、いつの間にか円屋根まるやねを現し出した。

芥川龍之介

【南京の基督】
しかしまだその外に何か理由があるとしたら、それは金花が子供の時から、壁の上の十字架 が示す通り、歿くなつた母親に教へられた、羅馬加特力教ロオマカトリツクけうの信仰をずつと持ち続けてゐるからであつた。

夏目漱石

【虞美人草】
生ける時は、莫耶ばくやも我らをき難きに、死こそ無惨むざんなれ。 羅馬ロウマの君は 埃及エジプトに葬むられ、埃及なるわれは、君が羅馬うずめられんとす。君が羅馬は――わが思うほどの恩を、 きわれにこばめる、君が羅馬は、つれなき君が羅馬なり。

太宰治

【『井伏鱒二選集』後記】
「アフリカに於ける羅馬ローマ 軍の大将アッチリウス・レグルスは、カルタゴ人に打ち勝って光栄の真中にあったのに、

有島武郎

【クララの出家】
クララが十六歳の夏であった、フランシスが十二人の伴侶なかま羅馬ローマに行って、イノセント三世から、基督キリストを模範にして生活する事と、寺院で説教する事との印可いんかを受けて帰ったのは。

北村透谷

【富嶽の詩神を思ふ】
請ふ見よ、羅馬ローマ死して羅馬の遺骨を幾千万載に伝へ、死してほ死せざる詩祖ホーマーを。」邦家の事いづくんぞ長舌弁士のみ能く知るところならんや、

松本泰

【謎の街】
わたしは上着をガウンに着替えて、羅府ロサンゼルスの妹や友人たちに手紙を書いたり、夕刊新聞を読んだりしているうちに、待っている青年は来ないで時間は経過してとうとう十二時になってしまった。

田中英光

【オリンポスの果実】
船が桑港サンフランシスコに入る前夜、ぼくは日本をつとき、学校の先生からたのまれた、羅府ロスアンゼルスにいる先生の親戚しんせきへの贈物おくりもの、女の着物の始末に困って、副監督ふくかんとくのM氏に相談しました。

夏目漱石

【虞美人草】
「日本が短命だと云うのかね」と宗近君は詰め寄せた。
「日本と 露西亜ロシアの戦争じゃない。人種と人種の戦争だよ」
「無論さ」
亜米利加アメリカを見ろ、 印度インドを見ろ、 亜弗利加アフリカを見ろ」

芥川龍之介

【MENSURA ZOILI】
「外国から輸入される書物や絵を、一々これにかけて見て、無価値な物は、絶対に輸入を禁止するためです。この頃では、日本、 英吉利 イギリス 独逸 ドイツ 墺太利 オオストリイ 仏蘭西 フランス 露西亜 ロシア 伊太利 イタリイ 西班牙 スペイン 亜米利加 アメリカ 瑞典 スウエエデン 諾威 ノオルウエエ などから来る作品が、皆、一度はかけられるそうですが、どうも日本の物は、あまり成績がよくないようですよ。

石川啄木

【詩】
ああおほいなる敗将、軍神の選びに入れる露西亜ロシアの孤英雄、 無情の風はまことに君が身にまこと無情の翼をひろげき、と。

岡本かの子

【異国食餌抄】
よその街でするやうに、
飛行機と露西亜ロシアバレエの調子で
彼等と一所いつしよに踊らねばならない、

夢野久作

【暗黒公使(ダーク・ミニスター)】
同時に人種的分裂と、物質の欠乏に悩む欧洲の地図の色が 百色眼鏡ひゃくいろめがねのように変化し初め、 露西亜ロシア 独逸ドイツが赤くなり、又青くなり、 伊太利イタリーに黒シャツ党が頭を上げ、 西比利亜シベリアに白軍王国が出来かかり、満洲では緑林王りょくりんおう(馬賊王)張作霖ちょうさくりん奉天ほうてんって北方経営の根を拡げ、日本では日同盟のお代りとなるべく締結された日協約が、更に一歩を進めて、新嘉坡シンガポールと、比律賓ヒリッピンに於ける海軍根拠地を同時に脅かすべく、印度インドに関する秘密協商となって進行し初めていた。……と云えば、いい加減若い人達でも、その当時の眼まぐるしかった新聞記事の大活字を思い出すであろう。

与謝野晶子

【何故の出兵か】
内政のためでなくて、今日のように国際のために設けられた軍備は、露西亜ロシヤのレニン一派の政府のように極端な

与謝野晶子

【何故の出兵か】
露国人自身が衛るべきものだと思います。人に全く、自衛の力がないとは思われません。それに果して独逸の勢力が東漸するか、露国の反過激派が日本に信頼するかも疑問です。

二葉亭四迷

【予が半生の懺悔】
それはこうだ――何でも 露国との間に、かの樺太千島かばふとちしま交換事件という奴が起って、だいぶ世間がやかましくなってから後、

太宰治

【葉桜と魔笛】
東郷提督の命令一下で、 露国のバルチック艦隊を一挙に撃滅なさるための、大激戦の最中だったのでございます。ちょうど、そのころでございますものね。

森鷗外

【舞姫】
一月ばかり過ぎて、或る日伯は突然われに向ひて、「余は明旦あす魯西亜ロシアに向ひて出発すべし。

夏目漱石

【倫敦消息】
トルストイ」は先日魯西亜ロシアの国教を蔑視べっしすると云うので破門されたのである。

山花袋

【重右衛門の最後】
五六人集つたある席上で、ういふ拍子か、ふと、魯西亜ロシヤの小説家イ、エス、ツルゲネーフの作品に話が移つて、ルウヂンの末路や、バザロフの性格などに、いろ/\興味の多い批評が出た事があつたが、

小栗虫太郎

【紅毛傾城】
それはともすると、打ち合う歯の音に、消されがちだったけれど、紛れもない魯西亜オロシャ言葉だった。
*編注:魯西亜(オロシャ)はロシアのこと

内田魯庵

【灰燼十万巻(丸善炎上の記)】
現行書目にしも、英独仏伊西以外、和蘭、瑞西、波蘭、瑞典、那威、 澳太利、匈牙利、葡萄牙、墨西哥、アルゼンチン、将た印度、波斯、中央亜細亜あたりまでの各国書目を一と通り揃えていた。

夏目漱石

倫敦塔】
二年の留学中ただ一度倫敦ロンドンとうを見物した事がある。その再び行こうと思った日もあるがやめにした。人から誘われた事もあるがことわった。

太宰治

【女の決闘】
或晩夜廻りが倫敦ロンドンの町を廻って居ると、テンプルバアに近い所で、若い娘がみちに倒れているのを見付けた。

与謝野晶子

【鏡心灯語 抄】
私はピカデリイやグラン・ブルヴァルの繁華な大通で、倫敦ロンドン人や巴里パリイ人の車馬と群衆とが少しの喧囂けんごうも少しの衝突もせずに軽快な行進を続けて行くのを見て驚かずにいられなかった。

林芙美子

【朝御飯】
倫敦ロンドンで二ヶ月ばかり下宿住いをしたことがあるけれど、二ヶ月のあいだじゅう朝御飯が同じ献立だったのにはびっくりしてしまった。

谷譲次

【踊る地平線 テムズに聴く】
傘とレイン・コウトの倫敦ロンドンに名物の薄明が覆いかぶさる。夜に入って一そうの雨だ。

芥川龍之介

【開化の殺人】
予は唯、竜動ロンドンに在るの日、予が所謂いはゆる薔薇色の未来の中に、来る可き予等の結婚生活を夢想し、以て僅に悶々の情を排せしを語れば足る。

| | | | | | | | ラ |

関連するページ
 とり・とりへんの漢字    さかな・うお・うおへんの漢字    魚偏の漢字を旁(つくり)などの構成から探す    魚の名前(魚介類の名前)と漢字表記    魚・魚介類の名前と漢字表記・読み方を検索    むし・むしへんの漢字    付録:喜多川歌麿「画本虫撰」    き・きへんの漢字    けものへんの漢字    いぬの漢字    「鳥」ではないが「鳥」を含む漢字    「魚」ではないが「魚」を含む漢字    「虫」ではないが「虫」を含む漢字    「木」ではないが「木」を含む漢字    「犭」ではないが「犭」を含む漢字    「犬」ではないが「犬」を含む漢字    水部(すいぶ)の漢字    心部(しんぶ)の漢字    艸部(そうぶ)の漢字    「鳥部」のユニコード CJK統合漢字    「魚部」のユニコード CJK統合漢字    「虫部」のユニコード CJK統合漢字    「木部」のユニコード CJK統合漢字    小・中学校で習う漢字    常用漢字    画数の多い漢字    外国名・外国地名の漢字    作品に出てくる国名・地名の漢字    クイズによく出る国名・地名の漢字表記    単位の漢字    漢数字    漢数詞    漢数字⇔アラビア数字変換    旧字体(旧漢字)・新字体(新漢字)対照表    旧漢字・新漢字相互変換    クイズ・ 旧漢字    変体仮名

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/02/06