作品に出てくる、国名・地名の漢字表記
[ タ行 ]

目次へ 「ア行」へ 「カ行」へ 「サ行」へ ここが「タ行」です 「ナ行」へ 「ハ行」へ 「マ行」へ 「ヤ行」へ 「ラ行」へ 「ワ行」へ
 ・で着色した文字は、その項目に該当する国名・地名です。
 ・で着色した文字は、その項目には該当しないが、国名・地名に当たる漢字です。
 ・青空文庫をクリックすると原文を読むことができます。
国名・地名の漢字表記50音順一覧へ
 外国名・外国地名の漢字一文字略称 
作家
作品
宮沢賢治

【饑餓陣営 一幕】
特務曹長「なるほど西蔵チベット馬のしるしがついてります。 」(兵卒三これを嚥下す。)
大将「これは普仏ふふつ戦争じゃ、」
特務曹長「 なるほどナポレオンポナパルドの首のしるしがついて居ります。

小島烏水

【高山の雪】
この「ガングリ」なる名は、しばしば西蔵チベット語に出て来る「氷の山」の義で、

夢野久作

【難船小僧】
御註文の西蔵チベット紅茶です。やッと探し出したんです」船長おやじはやっと吃驚びっくりしたらしく首を縮めた。

夢野久作

【S岬西洋婦人絞殺事件】
そのM・A・ロスコー氏の足跡は西班牙スペイン土耳古トルコ智利チリ、日本、等々々の一二等書記官どころを転々し、

夢野久作

【暗黒公使(ダーク・ミニスター)】
メキシコ石油商会の競走用モーターボートをお買求めになって芝浦にお廻しになるのと一緒に、横浜を今夜の十時までに出帆する亜米利加アメリカ加奈陀カナダ智利チリー通いの船の名前をすっかり調べておいでになるではございませぬか。

 
作家
作品
小栗虫太郎

【紅毛傾城】
ベーリング海峡の発見者といわれる丁抹デンマーク人。一七四一年「聖ピヨトル号」に乗じて、地理学者ステツレル、船長グレプニツキーとともに、ベーリング海峡を縦航したるも、十月五日コマンドルスキー群島付近において難破し、十二月八日壊血病にて斃(たお)る。

芥川龍之介

【さまよえる猶太人】
次いで、前に云ったムウニッヒを過ぎて、再び英吉利イギリスに入り、ケムブリッジやオックスフォドの教授たちの質疑に答えた後、丁抹デンマアクから瑞典スウエデンへ行って、ついに踪跡そうせきがわからなくなって

森鷗外

【うたかたの記】
校長ピロッチイが名は、をちこちに鳴りひびきて、 独逸 ドイツ の国々はいふもさらなり、新 希臘 ギリシア 伊太利 イタリア 璉馬 デンマーク などよりも、ここに きた りつどへる 彫工 ちょうこう 、画工数を知らず。

 
作家
作品
島崎藤村

【新生】
彼の下宿には独逸ドイツのミュウニッヒの方から来た慶応の留学生を迎えたり、瑞西スイスの方へ行く人を送ったりしたが、それらの人達と連立ってルュキサンブウルの美術館をたずねた時でも、ガボオの音楽堂に上った時でも、何時いつでも彼は心の飄泊者ひょうはくしゃとしてであった。

森鷗外

【うたかたの記】
独逸ドイツ仏蘭西フランスいくさありし時、加特力カトリック派の国会に打勝ちて、普魯西プロシヤ方につきし、王が中年のいさをは、次第に暴政のうわさおおはれて、公けにこそ言ふものなけれ、

芥川龍之介

【開化の殺人】
卿等にして猶明治十二年六月十二日、独逸ドイツ皇孫殿下が新富座に於て日本劇を見給ひしの夜、彼、満村恭平が同戯場ぎぢやうよりその自邸に帰らんとするの途次、馬車中に於て突如病死したる事実を記憶せんか、

夏目漱石

【点頭録】
東西南北どちらの方角を眺めても、彼の眼に映ずるものは〔ことごと〕独乙〔ドイツ〕の敵であつた。彼は魯西亜〔ロシア〕を軽蔑した。年来独乙の統一に反対する墺地利〔オーストリア〕も、彼の憎悪をまぬかれなかつた。

宮沢賢治

【土神と狐】
「見せてあげませう。僕実は望遠鏡を独乙ドイツのツァイスに注文してあるんです。来年の春までには来ますから来たらすぐ見せてあげませう。」

与謝野晶子

【巴里まで】
私が心配しながら通つた波蘭ポオランドから掛けて獨逸ドイツの野は赤い八重櫻の盛りであつた。一重のはもう皆散つた後である。藤の花蔭に長い籐椅子に倚つて居る白衣の獨逸婦人などを美しく思つて過ぎた。

上田敏
訳詩集

【海潮音】
巻中収むる処の詩五十七章、詩家二十九人、 伊太利亜 イタリア に三人、 英吉利 イギリス に四人、 独逸 ドイツ に七人、プロヴァンスに一人、 しか して 仏蘭西 フランス には十四人の多きに達し、 さき の高踏派と今の象徴派とに属する者その大部を占む。

内田魯庵

【灰燼十万巻(丸善炎上の記)】
現行書目にしも、仏露伊西以外、和蘭、瑞西、波蘭、瑞典、那威、 澳太利、匈牙利、葡萄牙、墨西哥、アルゼンチン、将た印度、波斯、中央亜細亜あたりまでの各国書目を一と通り揃えていた。

幸田露伴

【野道】
他の二人も老人らしくつこらしい打扮だが、一人の褐色かっしょく 土耳古 帽子トルコぼうしに黒いきぬ総糸ふさいとが長くれているのはちょっと人目を側立そばだたせたし、

芥川龍之介

【杜子春】
門一ぱいに当つてゐる、油のやうな夕日の光の中に、老人のかぶつたしやの帽子や、土耳古トルコの女の金の耳環や、白馬に飾つた色糸の手綱たづなが、絶えず流れて行く容子ようすは、まるで画のやうな美しさです。

宮沢賢治

【山地の稜】
南の方はそら一杯にれた。土耳古トルコ玉だ。それから東には敏感な空の白髪が波立つ。

泉鏡花

【高野聖】
おとなしやかな風采とりなりで、羅紗らしゃ角袖かくそで外套がいとうを着て、白のふらんねるの襟巻えりまきをしめ、 土耳古トルコがたぼうかぶり、毛糸の手袋てぶくろめ、白足袋しろたび日和下駄ひよりげたで、

吉行エイスケ

孟買ボンべイ挿話】
汽車が土耳古トルコに這入ると車中の美しい女はみんなばたばた下車してしまって孟買までの通しの切符を持った英国人の布教師の博物館のような顔と、目に見えて黒いものが車室にふえてくるのです。

国枝史郎

【生死卍巴】
古い異国の神像や、耳環や木乃伊ミイラや椰子の実や、土耳古トルコ製らしい偃月刀えんげつとうや、亜剌比亜人の巻くターバンのきれや、

芥川龍之介

【路上】
二人はこんな押問答を繰返しながら、閲覧人でまっている机の間を通りぬけて、とうとう吹きさらしの玄関へ出た。するとちょうどそこへ、真赤な土耳其トルコ帽をかぶった、せぎすな大学生が一人、金釦きんボタンの制服に短い外套を引っかけて、勢いよく外からはいって来た。

| | | タ | | | | | |

関連するページ
 とり・とりへんの漢字    さかな・うお・うおへんの漢字    魚偏の漢字を旁(つくり)などの構成から探す    魚の名前(魚介類の名前)と漢字表記    魚・魚介類の名前と漢字表記・読み方を検索    むし・むしへんの漢字    付録:喜多川歌麿「画本虫撰」    き・きへんの漢字    けものへんの漢字    いぬの漢字    「鳥」ではないが「鳥」を含む漢字    「魚」ではないが「魚」を含む漢字    「虫」ではないが「虫」を含む漢字    「木」ではないが「木」を含む漢字    「犭」ではないが「犭」を含む漢字    「犬」ではないが「犬」を含む漢字    水部(すいぶ)の漢字    心部(しんぶ)の漢字    艸部(そうぶ)の漢字    「鳥部」のユニコード CJK統合漢字    「魚部」のユニコード CJK統合漢字    「虫部」のユニコード CJK統合漢字    「木部」のユニコード CJK統合漢字    小・中学校で習う漢字    常用漢字    画数の多い漢字    外国名・外国地名の漢字    作品に出てくる国名・地名の漢字    クイズによく出る国名・地名の漢字表記    単位の漢字    漢数字    漢数詞    漢数字⇔アラビア数字変換    旧字体(旧漢字)・新字体(新漢字)対照表    旧漢字・新漢字相互変換    クイズ・ 旧漢字    変体仮名

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/02/06