『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

絵本江戸土産えほんえどみやげ・くずし字を読む
= 衣紋坂 見帰柳 =

《衣紋坂 見帰柳》
《翻刻》
衣紋坂 見帰柳  右 日本堤より西の方へ入れば新吉原町也 その下り口に一本の柳あり これを見返り柳といふ またその下り口を衣紋坂といふ これは この廓へ来る人ここにて衣紋をつくろふゆえの名 柳は後朝この辺より跡を見かへる故の名なるべし

《現代表記》
衣紋坂えもんざか 見帰柳みかえりやなぎ  みぎ日本堤にほんつつみより西のかたれば新吉原町しんよしはらまちなり。その下り口おりくち一本ひともとやなぎあり。これを見返り柳みかえりやなぎという。またその下り口おりくち衣紋坂えもんさかという。これは、このさときたる人ここにて衣紋えもんをつくろうゆえの名。やなぎ後朝こうちょうこの辺よりあとを見かえる故の名なるべし。

後朝こうちょうは、恋人同士の別れの朝の意。きぬぎぬ。
*つくろうは、ここでは「整え飾る」の意。
*「つくろふ・つくろう」の漢字、未読。「褒」か。
「つくろふ・つくろう」の漢字
あと は、ここでは「後ろ」の意。
*説明は、などの意。
*万治は、1658年から1661年。
漢字かな
*この地図の初期設定での中心点は衣紋坂見返り柳付近。初期設定の左の地図は関東平野迅速測図と呼ばれる地図で、明治前期の、明治13年〈1880年〉から明治19年〈1886年〉にかけての関東平野。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/10/23