『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

絵本江戸土産えほんえどみやげ・くずし字を読む
= 大井の原 =

《大井の原》
《翻刻》
大井の原  品川の問屋場より西北の方に入り 大井村へゆく道なり廣々たる原野にして四方眼に遮るものなく ただ蟠屈せる古松のありさま 子の日の野辺に曳遺されたる若松も少なからず 顧れば蒼海の渺茫として遠帆は雲入るかと疑がはれて 実に仙境の俤あり

《現代表記》
大井の原おおいのはら   品川しながわ問屋場といやばより西北にしきたかたり、大井村おおいむらへゆくみちなり。広々たる原野げんやにして四方しほうまなこさえぎるものなく、ただ、蟠屈ばんくつせる古松こしょうのありさま、子の日ねのひ野辺のべ曳遺ひきのこされたる若松わかまつも少なからず。顧れば蒼海そうかい渺茫びょうぼうとして遠帆えんはんくもるかとうたがわれて、じつ仙境せんきょうおもかげあり。

蟠屈ばんくつは、まがりくねること。屈曲の意。
*「子の日ねのひ野辺のべ曳遺ひきのこされたる若松わかまつ」は、昔、正月の最初の子の日に、人々が野に出て小松を引いて千代を祝って遊んだ習慣があり、そこで引き残された松があったということを指す。
《参考》「子の日の小松引き」
『三十六歌仙 壬生忠岑』
鈴木春信すずきはるのぶ
子の日する野辺に小松のなかりせば
千代のためしになにをひかまし
壬生忠岑みぶのただみね(平安前期の歌人)
*説明は、などの意。
*万治は、1658年から1661年。
漢字かな
*この地図の初期設定での中心点は大井の原付近。初期設定の左の地図は関東平野迅速測図と呼ばれる地図で、明治前期の、明治13年〈1880年〉から明治19年〈1886年〉にかけての関東平野。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/10/23