キリスト教式・プロテスタントでの記念式の計算

  忌日法要・年回忌一覧 
  仏式法要・年回忌の計算(正日付版) 
  仏式法要・年回忌の計算(複数表記版) 
  仏式法要・年回忌の計算(逮夜日付版) 
  神式・霊前祭の計算 
  キリスト教・カトリック追悼ミサの計算 
  キリスト教・プロテスタント記念式の計算 

亡くなられた日にちを入力すると、
キリスト教・プロテスタントでの記念式の年月日が表示されます。

 月   日 
     
記念式 記念式年月日 亡くなられてから
(亡くなられた日) 亡くなられた日
三十日目 30日目
* 一か月後とする場合 [ 1か月目 ]
一年目 満1年目
三年目 満3年目
七年目 満7年目
  • 亡くなられた日を一日目と数えていますので、「三十日目」は、亡くなられた日を含めた30日目と計算されます。10月1日に亡くなられたとした場合の「三十日目」は10月30日です。
  • 故人が亡くなられて三十日目の召天日に、「召天記念」として記念式が行われます。その後の決まりは特になく、数年間は毎年、もしくは1年目、3年目、7年目などに記念式が行われることがあります。

  • 西暦での、「1」〜「99」までの数字の入力は、「1901」〜「1999」と見なされます。
  • 和暦での入力は、明治は44年、大正は14年、昭和は63年までの設定です。明治45年(1912年)は7月30日、大正15年(1926年)は12月25日、昭和64年(1989年)は1月7日まででしたので、該当する場合は読み替えるか西暦で入力してください。 ただし、大正・昭和の「改元の詔書」によれば、「明治45年7月30日」と「大正元年7月30日」、「大正15年12月25日」と「昭和元年12月25日」はともに存在します。これは即日改元であったためで、ちなみに昭和から平成へは翌日改元となり、昭和64年は1月7日まで、平成元年は翌日の1月8日からです。
  • 和暦での入力は明治6年1月1日からが有効です。これは、日本でのグレゴリオ暦の採用が明治6年(1873年)で、一般に旧暦と呼ばれる天保暦(太陰太陽暦)の明治5年12月2日(グレゴリオ暦1872年12月31日)の翌日を、新暦と呼ばれる太陽暦の明治6年1月1日(グレゴリオ暦1873年1月1日)とし、和暦での明治5年12月3日から12月31日が存在しないためです。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2017/11/21