『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

絵本江戸土産えほんえどみやげ・くずし字を読む
= 八景坂 鎧懸松 =

《八景坂 鎧懸松》
《翻刻》
八景坂 鎧懸松  木原山にあり 此辺の絶景八つ見ゆるをもて名とせり むかし 八幡太郎義家朝臣奥州征伐のとき 鎧をかけ給ふといふ この松 六七丈に及びぬれど 枝をたれて地より四五尺を隔つあり 尤たぐひ稀なるべし かかる大樹なれども動かすときは枝葉供に震ふ 因て震松とも名づく

《現代表記》
八景坂はっけいざか 鎧懸松よろいかけまつ  木原山きはらやまにあり、へん絶景ぜっけい八つ見ゆるをもて名とせり。むかし、八幡太郎義家朝臣はちまんたろうよしいえたろうあそん奥州おうしゅう征伐せいばつのとき、よろいをかけ給うという。この松、六七丈に及びぬれど、枝をたれて地より四五尺をへだつあり。もっともたぐいまれなるべし。かかる大樹たいじゅなれども動かすときは枝葉えだはともふるう。って震松ふるいまつとも名づく。

*広重は、名所江戸百景     でも「八景坂鎧掛松」を描く。
*説明は、などの意。
*万治は、1658年から1661年。
漢字かな
*この地図の初期設定での中心点は八景坂付近。初期設定の左の地図は関東平野迅速測図と呼ばれる地図で、明治前期の、明治13年〈1880年〉から明治19年〈1886年〉にかけての関東平野。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/10/23