『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

絵本江戸土産えほんえどみやげ・くずし字を読む
= 水道橋 =

《水道橋》
《翻刻》
水道橋  右の川上に神田上水の筧をかけられ 猶 其川上の橋をかく呼ぶは水道筧のある故になるべし 橋より内を小川町と唱へ 外をば小石川と呼ぶ

《現代表記》
水道橋すいどうばし  右の川上かわかみ神田上水かんだじょうすいかけいをかけられ、なおその川上かわかみの橋をかく呼ぶは水道筧すいどうかけいのある故になるべし。橋よりうち小川町おがわまちとなえ、そとをば小石川こいしかわと呼ぶ。

*広重は、名所江戸百景     でも「水道橋駿河台」として同じ場所を描く。西には富士山が見える。
*説明は、などの意。
*万治は、1658年から1661年。
漢字かな
*この地図の初期設定での中心点は水道橋付近。初期設定の左の地図は関東平野迅速測図と呼ばれる地図で、明治前期の、明治13年〈1880年〉から明治19年〈1886年〉にかけての関東平野。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/10/23