『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

絵本江戸土産えほんえどみやげ・くずし字を読む
= 関屋の里 =

《関屋の里》
《翻刻》
関屋の里  木母寺より十町ばかり東北にあたれり ここは東都の名所にして古へよりその名高く 春秋の眺望には遊人騒客ここに遊びて 一時延気の場となすめり

《現代表記》
関屋の里せきやのさと   木母寺もくぼじより十町ばかり東北にあたれり。ここは東都とうと名所めいしょにしていにしえよりその名たかく、春秋はるあき眺望ながめには遊人ゆうじん騒客そうきゃくここにあそびて、一時いちじ延気えんきじょうとなすめり。

*広重は、名所江戸百景     でも「真崎辺より水神の森内川関屋の里を見る図」として関屋の里を描く。
*説明は、などの意。
*万治は、1658年から1661年。
漢字かな
*この地図の初期設定での中心点は関屋の里付近。初期設定の左の地図は関東平野迅速測図と呼ばれる地図で、明治前期の、明治13年〈1880年〉から明治19年〈1886年〉にかけての関東平野。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/10/23