『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

絵本江戸土産えほんえどみやげ・くずし字を読む
= 市谷八幡 表門前 =

《市谷八幡 表門前》
《翻刻》
市谷八幡 表門前  市谷の總鎮守にして殊に大社なり 傍に茶の木稲荷あり 石階の左右みな茶の木を植 その表門前市谷御門外にて 四谷赤坂への往還なれは 常に往来の間断なし

《現代表記》
市谷八幡いちがやはちまん 表門前おもてもんまえ   市谷いちがや総鎮守そうちんじゅにしてこと大社たいしゃなり。かたわら茶の木稲荷ちゃのきいなりあり。石階せきかい左右さゆうみな茶の木をうう。その表門前おもてもんぜん市谷御門外いちがやごもんそとにて、四谷よつや赤坂あかさかへの往還おうかんなれば、つね往来ゆきき間断かんだんなし。

*石階(せきかい・せっかい)は、石で造った階段で、石段のこと。石階は、いしばし、いしのはし、いしのきざはしとも読まれる。
*広重は、名所江戸百景     でも「市ケ谷八幡」を描く。
*説明は、などの意。
*万治は、1658年から1661年。
漢字かな
*この地図の初期設定での中心点は市谷八幡付近。初期設定の左の地図は関東平野迅速測図と呼ばれる地図で、明治前期の、明治13年〈1880年〉から明治19年〈1886年〉にかけての関東平野。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/10/23