『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

絵本江戸土産えほんえどみやげ・くずし字を読む
= 永代橋 =

《永代橋》
《翻刻》
永代橋  永代橋は東都第一の長橋にして 海より川へ別るるの喉首にわたせし橋なり 佃嶋に蛎殻焼く烟りのひまより 数艘の白帆かすみながらに入り来るさま 美景いふばかりなし

《現代表記》
永代橋えいたいばし   永代橋えいたいばし東都とうと第一だいいち長橋ちょうきょうにして、うみよりかわわかるるの喉首のどくびにわたせしはしなり。佃島つくだしま蛎殻かきがらけむりのひまより、数艘すうそう白帆しらほかすみながらにきたるさま、美景びけいいうばかりなし。

*永代橋は、第二編での「永代橋」でも描かれる。第二編「永代橋」   (第二編の絵は広重初代)
*広重初代は、名所江戸百景     でも「永代橋」を描く。
*説明は、などの意。
*万治は、1658年から1661年。
漢字かな
*この地図の初期設定での中心点は永代橋付近。初期設定の左の地図は関東平野迅速測図と呼ばれる地図で、明治前期の、明治13年〈1880年〉から明治19年〈1886年〉にかけての関東平野。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/10/23