『浮世絵・錦絵』 などを見る「目次」 

絵本江戸土産えほんえどみやげ・くずし字を読む
= 柳島 妙見の社 =

《柳島 妙見の社》
《翻刻》
柳島 妙見の社  本所亀戸の西北にあたる 北辰妙見大菩薩の霊験殊にあらたなりとて 朔望の外 縁日には貴賎の群集ひきもきらず いとも尊き霊神なり

《現代表記》
柳島やなぎしま 妙見みょうけんやしろ  本所ほんじょ亀戸かめど西北さいほくにあたる、北辰妙見大菩薩ほくしんみょうけんだいぼさつ霊験れいげんことにあらたなりとて、朔望さくぼうほか縁日えんにちには貴賎きせん群集ぐんじゅひきもきらず。いともとおと霊神れいしんなり。

亀戸かめどは、現在は「かめいど」と呼ばれる。
朔望さくぼうさくは新月で陰暦の一日、ぼうは満月で陰暦の十五日のこと。
*この地図の初期設定での中心点は柳島妙見の社付近。初期設定の左の地図は関東平野迅速測図と呼ばれる地図で、明治前期の、明治13年〈1880年〉から明治19年〈1886年〉にかけての関東平野。

おすすめサイト・関連サイト…

Last updated : 2021/10/23